ブランド買取店をオープンするには古物商許可証が必ず必要

中古品の売買に必要な古物商許可証を取得する方法

ブランド買取の仕事は法律において古物商の一種と見なされます。古本屋やリサイクルショップと同じ中古売買業者として扱われるのです。古物商として営業するには専用の資格である古物商許可証の取得が必須条件です。この許可証を持たずにブランド買取の業務を行うのは違法行為なので、余計なトラブルを避ける意味でも許可証は必ず取得しなければいけません。許可証を取得するには最寄りの警察署で決められた手続きを行うことになりますが、許可証の取得申請書の他に自身の身分証明書や住民票、店舗の不動産登記簿など様々な書類を提出しなければいけません。また、許可証を発行するための手数料や書類の写しの作成費用が生じることも併せて注意します。

書類にわずかな記載ミスがあっても申請は受理されません。そのため、一回の申請で確実に受理してもらうには法律の専門家である行政書士に申請の代行を依頼するのが賢明な方法と言えます。

ブランド買取業者として営業する際の注意点

ブランド買取の仕事を開業する際には古物商許可証が欠かせません。個人を相手にする売買業務の他、古物商同士が売買を行う古物市場への参加にも必要となるためです。個人からの買取業務だけでは高品質で人気の高いブランド品を確保するのは困難です。ブランド品の安定供給を目指すなら古物市場の存在は無視できません。同じブランド買取業者でも品ぞろえが豊富な所ほど利用しやすいイメージがあるので、客足を増やすには古物市場の活用は必至と言えます。その一方で古物商許可証はあくまでも法律で定められた古物商業務に関する約束事を遵守している証に過ぎないことを忘れてはいけません。

合法な中古品売買ができる業者の証明であり、品物の質の良し悪しを見分ける技能の有無はまったく別の話です。客に信頼される優良な業者として営業を続けるにはブランドの真贋を正しく判別し、品物の価値に相応しい査定額を算出する技能を持つ必要があります。